スムーズな生活を

|鼻の粘膜からオキシトシンを吸収するタイプ・オキシトシン点鼻薬について

☆幸せホルモン☆

オキシトシン点鼻薬


sponsored link

オキシトシン点鼻薬の投与で自閉症の症状が改善するそうです。


オキシトシンは下垂体後葉から分泌されるペプチドホルモンです。


幸せホルモン、安らぎホルモンなどとも言われています。


オキシトシンは9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンで小腸で吸収するには大きすぎ、外部から摂取するには口径ではなく注射や粘膜から直接吸収しなければいけません。


そのためオキシトシンの薬には口径から摂取するタイプはなく、医療では注射、医薬品として点鼻になります。


オキシトシン点鼻薬が一部の自閉症患者の治療に効果があると、2010年に金沢大学の「子どものこころの発達研究センター」などのグループが研究成果を発表しています。


ただこの研究成果は20歳代の男性自閉症患者のみの症例報告なので、まだまだ全てを判断することはできません。


この報道がなされたときは、約4000円のオキシトシン点鼻薬の数ヶ月分の在庫が1日でなくなったそうです。


オキシトシンの研究はマウスでは色々な例がありますが、ヒトへの研究はそれほど進んではいません。


オキシトシン点鼻薬の自閉症患者への投与は期待されていますが、有効性と安全性についてしっかりと確認されていません。


知的障害者や自閉症者は身体に不調が起きても周囲にうまく伝えることが出来ないことがあります。


オキシトシン点鼻薬の投与にも慎重になったほうが良いでしょう。

[スポンサードリンク]