スムーズな生活を

|ホルモンの一種のオキシトシンには、人に欠かせない様々な効果があります。

☆幸せホルモン☆

オキシトシンの効果


sponsored link

オキシトシンはホルモンの一種で、末梢組織で働く他に中枢神経での神経伝達物質として作用しています。


このオキシトシン効果で近年注目を浴びているのが親子の絆を深めたり、人と人との信頼関係を生み結びつける働きです。


オキシトシン効果で最初に医学会で注目され、実用化されたのが出産時の子宮収縮や乳汁分泌を促進させる乳腺の筋線維収縮です。


そのためオキシトシンは医療品として分娩時の陣痛促進剤や子宮収縮薬として用いられています。


オキシトシン効果で今注目されているのが、人と人とを結びつける効果、信頼感を高める効果、愛情を深める効果、安心感を生む効果です。


オキシトシンで自閉症が改善するという研究報告により、これらの効果が俄然注目を集めました。


オキシトシン効果では、子供の学習能力を高めてくれるともいわれています。


オキシトシンはストレスを抑える効果があり、脳がストレスに強くなり学習能力が高くなると言われています。


マウスの実験では、オキシトシンを注射で大量に投与すると、寝てしまう効果があります。


このことからオキシトシンには睡眠を誘導する効果があるとされています。


オキシトシンを投与して心が静まり、安らかになると最終的に動物は寝てしまうようです。

[スポンサードリンク]