スムーズな生活を

|幸せホルモン、信頼のホルモン、安らぎホルモンと言われるオキシトシンについての紹介です。

☆幸せホルモン☆

sponsored link

はじめに

天使

幸せホルモンといわれるオキシトシンについて説明するサイトです。


オキシトシンは出産時に陣痛を起こしたり乳汁を出しやすくしたり
また分泌されることで母と子供の絆を深める効果があります。


そしてオキシトシンの効果で注目されていることが
自閉症や対人関係の改善です。


便痛促進剤としてオキシトシン製剤やオキシトシン注射液
自閉症改善や円滑な対人関係のためにオキシトシンスプレーなどが販売されています。

オキシトシンの働き

オキシトシンは脳の視床下部で合成され、下垂体後葉から分泌される神経伝達物質です。


オキシトシン働きとして赤ちゃん出産時の子宮収縮や授乳時の乳汁の分泌を促す効果があります。


医療ではオキシトシンがもつ子宮収縮の働きに注目し、子宮収縮薬や陣痛促進剤として使用されています。


オキシトシン働きで近年注目されているものが相手と仲良くなる、愛する、信頼する効果で、オキシトシンは”幸せホルモン”や”安らぎホルモン”、”愛情ホルモン”、”信頼ホルモン”と呼ばれるようになりました。


この効果は親子間だけではなく、男女の恋愛や夫婦間でも絆を深める効果があります。


そして対人関係が円滑に行かない人や自閉症患者を改善する効果があると研究が行われています。

sponsored link